シャドウバースのネメシスとは、その特徴と最強デッキの戦い方を紹介

シャドウバースには多くのクラスがありますが、その中でも一際存在感をかもしだしているのが“ネメシス”です。ネメシスクラスの特徴やデッキ構成の基本、どういったカードがあるのかについて詳しく解説していきます。ネメシスについてしっかり学んでおきましょう!

ネメシスとは? 以外なものがモチーフになっていた!

引用 https://shadowverse-portal.com/

シャドウバースのネメシスとは、ユアンが持っているクラスのことを指しています。

共鳴やアーティファクトなどのトークンカードをメインに使うクラスとなっています。

中でも、固有トークンのカードであるアーティファクト系のカードがネメシスが強いと呼ばれる所以になっています。

なぜならば、ネメシスのアーティファクト系のカードは、低コストでありながらも、高いスタッツ(ステータス能力が高い)のフォロワーが多いからです。

序盤の盤面の取り合いに多いに活躍を期待できるカードになっています!

また、ネメシスという名前はギリシア神話に登場する神の名前であり、ギリシア神話では「人間が神に働く無礼に対する、神の憤怒と罰の擬人化された神」とされています。

そのためか、シャドウバースに出てくるネメシスクラスのユアンも凛々しい表情をしていて、どこか怒りのようなものを感じるような表情をしていますね。

ネメシスのカード群には、他にはどういった特徴があるのでしょうか?

スポンサーリンク

必見! シャドウバース、ネメシスの強いと言われる特徴

シャドウバースでは様々なクラスが、各々の特徴をもち有利に対戦を進めています。

シャドウバースでネメシスが一目置かれているのは、その特徴にあります。

ネメシスだけが持つ操り人形

引用 https://shadowverse-portal.com/

ネメシスには固有のカードである「操り人形」があります。

操り人形カードは、0コストで出せるという最大のメリットがあります。

もちろんコストが低い分スタッツも低くはなってしまいますが、突撃という特性をもち、カードを出したターンから行動がとれるため、融通が利きかなり扱いやすいです。

引用 https://shadowverse-portal.com/

“ノア”や“オーキス”といった操り人形をバフする効果をもつカードが存在するため、操り人形をより良い形で扱うことができ、操り人形をメインとしたデッキも存在しています。

ネメシスだけがもつ固有特性、共鳴

ネメシスには固有特性である「共鳴」があります。

共鳴とは、自分の残りのデッキ枚数が偶数枚の場合のみ発動する強力な効果です。

引用 https://shadowverse-portal.com/

共鳴状態になることで“ハクラビ”や“次元断”といったものの性能の強化がされます。

1つのテクニックとして、デッキの枚数が奇数枚である時にドロー効果のあるカードを使用することでデッキを偶数枚にし、共鳴を発動させるといったものがあります。

ネメシスの最強デッキは“アーティファクトネメシス”!

シャドウバースの環境では、最強デッキは時期で移り変わっていきますが、2019年4月現在の環境では、アーティファクトネメシスがネメシスクラスでの最強デッキになります!

アーティファクト系のカードがとにかく強い!

引用 https://shadowverse-portal.com/

デッキ名につもついているアーティファクトとは、先述させて頂いた通り、低いコストで高いスタッツをもつカードになっており、盤面をとるのに有利に働きます。

一度デッキに戻す必要のあるカードではありますが、サーチして手札に加えるカードなどをデッキに組み込んでおくことで、安定した実力を発揮してくれること間違いなしです!

メイシアを利用して対コントロールにはOTKを決めれる!

粛清の英雄・メイシアの効果を使うことでOTK(1ターンで相手のライフを一気に削りきること)が可能になっています。

コントロール型のデッキが相手の場合、盤面を除去するカードやAOEがたくさん詰まれているため、アーティファクト系のカードを利用しても決めてにかける場合があります。

そういった相手に対しての勝ち筋として、OTKコンボがこのデッキには搭載してあります。

粛清の英雄・メイシアで、破壊されたアーティファクトの数だけ攻撃力を上げるという粛清の一刀を使うことで一気に勝負を決めることが可能です。

スポンサーリンク

アーティファクトネメシスには欠点?マリガンに手札に残しておきたいカード

アーティファクトネメシスには、序盤が苦手という欠点があります。

なのでアグロ系のデッキには有利に立ち回られることが考えられるため、最初のマリガンでは軽いカードを探しにいきましょう。

引用 https://shadowverse-portal.com/

具体的には「メカニカルガンナー」や「機構の解放」といった序盤でも活躍することができるカードを全力で探しにいくことが大切です。

また、アーティファクトネメシスの問題点としてプレインイングの難しさが挙げられます。

PPが余っているからといって、手札のカードをバンバンきってしまっては、燃料切れや盤面を返すことができなくなってしまったりするので、しっかりやりこむことが重要です。

シャドウバースのネメシスとは、その特徴と最強デッキの戦い方を紹介 まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はシャドウバースのネメシスについて紹介してきました。

ネメシスのデッキはテクニカルな動きが多いので扱いは難しいですが、使いこなした時の爆発力には爽快感を覚えると思います。

今後のアップデートでもネメシスの活躍には期待しています!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

アイキャッチ画像 https://shadowverse.jp

スポンサーリンク